106センチ目線の旅(車椅子お出掛け)

電動アシスト自転車の普及と同時に電動車椅子もバッテリーの高性能化により今までに比べ単独外出の不安が払拭されました。
後は恐れずにどんどん外出するだけです。
今まで車椅子を押してもらっていた人、小学3年生と同じ106センチ目線で発見の旅に出ましょう。
自分の目線で自然に触れ五感を鍛えなおし趣味を楽しみませんか?
若葉マークのしのちゃんは水先案内人になって
ゆるっと小さな美術館や世田谷散歩を楽しみます!
同行旅人もフッタで募集しています。

初詣その2 明治神宮

K2017.1.7放送テレビ東京で放映された『美の巨人たち 明治神宮』物語は3つのキーワードから転回する。
KEYWORD1
大都会の真ん中に、壮大な森と壮麗な建築が共存する奇跡の空間『明治神宮』。234種、約3万6千本の樹木が生い茂る敷地は、総面積70万平方メートルを誇ります。新年にふさわしいこの神社が今日の作品です。正月三が日で300万もの人々が参拝する日本屈指の神社ですが、鎮座祭が執り行われたのは大正9年11月1日…つまり創建されてからまだ100年も経っていないのです。
KEYWORD2
『明治神宮』の社殿は二人の建築家が作り上げました。設計したのは、寺社建築の第一人者にして「建築」という言葉の生みの親、伊東忠太。正面が長く伸びた、美しく力強い曲線が目をひく屋根は、「流造(ながれつくり)」と呼ばれる神社建築の様式です。もう一人の建築家は角南隆(すなみたかし)。昭和20年、空襲により本殿と社殿北半分が被災した後、再建を指揮しました。かつての優美な姿に比べると力強さが増しています。二人の建築家のある溢れる思いとは…?

連なる屋根の美しさは、平坦な印象にならないように意識してのもの


角柱と丸柱の組み合わせによる、リズミカルな変化


屋根に「明」の字を発見!


KEYWORD3
それにしても、なぜ代々木という場所を選び、荒れ野が広がる寒村だった地を、どのようにして豊かな森に変えたのでしょうか?また明治神宮と隣接する国立代々木競技場には、知られざる関係が…!100年に及んで和の心を守り続けてきた、“大都会のオアシス”の知られざる物語をひも解きます。

初詣

番組『美の巨人たち 明治神宮』に見せられ、初詣ついで?に明治神宮の参拝をした。
しかしそれにしても明治天皇はいかに日本国民に慕われていたか、広大な明治神宮の外周にはさらに巨大な明治神宮外苑がありその一角に下記に紹介した聖徳記念絵画館により天皇の誕生から崩御まで80枚からなる巨大壁画により明治時代の全容が読取れる。



JR原宿駅を西に回りこむと鳥居がありそこから南参道になるこれが

正式な参道だそうで中央は砂利道だが両サイドは車椅子やバギーでも通りやすい石畳風コンクリートになっている、両サイドのうっそうとした森は創建時数十年後の姿を計算して植樹したそうである。

かなり行くと西側に御社殿に通じる大鳥居が見えてくる。
大鳥居をくぐりまたしばらく行くと南神門がある、門をくぐりまっすぐ行くと御社殿が1段高くそびえている。


驚いたことに南神門をくぐるにも御社殿に上がるにも全てスロープが配され問題なくお参り可能になっている。




トイレは神楽殿地下にある車椅子用トイレか参道には2ヶ所車椅子用トイレがある。
帰りは大鳥居をでて北方向にある北参道を通り代々木方面に抜けた。


感想

★★★★★
寺社仏閣で完璧なバリアフリーは不可能だと思っていたがこれだけの規模の神社でほとんどのところに車椅子で参拝出来るように設えてあるのは素晴らしい。




初詣 下北沢近辺4寺社

※PCのトラブルのため松の内内の投稿が出来ず申し訳御座いませんでした。
そうこうしている内に板橋区乗蓮寺でベビーカー論争が起きてしまいました。

今回の『ベビーカー自粛論争』
「人混みにベビーカーで来るなんて非常識だ」
「子どもが小さいうちは、親が我慢して当然」という意見が多かったこと。
北区のおときた駿議員
『特定の施設やイベントがベビーカー自粛を呼びかけることに対しては、個別の事情がある場合もあるでしょうし、混雑具合もわかりませんで、一概に責めることはできないと思っています。
もちろん、使う側にもマナーや配慮が求められることは言うまでもありません。
権利だけを主張したり、周りの迷惑を顧みないマナーのない行為はNGです。
ベビーカーを使用する側の問題もありえる、その上でもやはり、ベビーカーが自由に使える環境が広がっていくのが望ましいこと
今回のケースは、寺院は積極的に子育て世帯に対するケアを行ったにも関わらず、一部の心ない人々によってその善意が踏みにじられたという状況でした。
これをもってすでに数多くの方が、鬼の首を取ったように
「それ見たことか、甘やかすからこうなるのだ」
「やはり、人混みでベビーカーを自粛させるのは当然だ」
「それを擁護していた人間も、全員まとめて非常識!」
という意見を表明しています。これは非常に懸念されます。』
と言う内容のブログをを書いています。

 ツイッターのフォロワーも
  77 77件のリツイート  
『一部の車椅子・松葉杖ユーザーのマナーが悪かったからといって、それらをまとめて自粛させる論調が噴出することはありえないはずです。とはいえそれは最近の話で、以前は障害者が車椅子で電車に乗ることは非常識で不可能な時代もありました。それがようやく権利意識が広まり、ここまでたどり着いたわけです。』こんな感じの意見が多い。


車椅子のバッテリーやベビーカー含む本体の高性能化、高齢化によりこういった問題はますます増えるに違いありません。私自身は仕事の出来ない今、時間はたっぷりあるので混雑している場所への出現はなるべく控えるようにしています。
しかしこんな残念なこともありました。世田谷ウォーキングフォーラムのウォーキングイベントに車椅子での参加申し込みをしたら、「以前健常者との間で事故が起きたので現在は車椅子とベビーカーの参加はお断りしている」これには最初唖然としたがよく話を伺うと、高齢の参加希望者がいつも数十人に達しそれを引率するボランティアの人数が少ないため管理できかねるのでお断りしているとのこと。
私は『NPO法人車椅子社会を考える会』

の代表理事をしていて今年の当会の活動目標を『車椅子利用者の外出機会を作ろう』にしているため私自身積極的に皆さんの水先案内人に慣れるようなるべくそういったイベントにも出席している。
車椅子で出席することにより健常者も車椅子の性能、取扱い、心配りなんか理解してもらえるので今回断られたことに大変ショックで立ち直れないのですが、参加要望は増えると思うので会側もいずれ受け入れ態勢を作ってくれると信じます。


ようやく本題に

寺社、仏閣はたいがい高台にあります。
車椅子にとって一番苦手な場所でしょう。
もちろん街中にある、バリアフリーの寺社仏閣はたくさんあります。
(読者の皆さんもそういった情報お寄せ下さい)
車椅子初心者の私はあえて近隣の寺社仏閣に初詣しました。


何故高台にあるのでしょうか?ヨーロッパなどの宗教施設である教会は、ほどんどが町の中心にあるの対し、神社は町中以外に山の頂きなどの高台につくったのは、神道では神は高い所から降臨すると考えられてきたからです。
昔はビルもありませんので、高い所といえば山の上や高い樹木となります。
だから古代人は、神社を山上に建立しました。
それが高台にある神社の理由なのです。

代田八幡神社

由緒
天正十九年(1591年)代田地区(旧下代田、本村、中原、大原)の鎮守の神様として宇佐八幡宮より御分霊を勧請してお祀りしたことを縁起としております。
以来、代田の発展に伴い、幾多の変遷を経ながらも自然崇拝、祖先崇拝を基調に、氏子中より氏神(産土神)として篤く信仰されています。(境内掲示より)



境内は高台に

裏から回れるスロープしかし相当きつい


茅の輪神事(ちのわしんじ)

北澤八幡神社

由緒
文明年間(一四六九〜八七)世田谷城主(八代左兵衛頼康のころ)の勧請により創建され、七沢八社随一正八幡宮と称された。江戸時代歴代地頭の尊信厚く、慶安三年(一六五〇)ときの知行斎藤摂津守の八幡宮領七石四升は、前と同じに寄進することの黒印状があったが、当社の別当であった森巌寺の火災により焼失した。
現在の産土社はこの本殿で、嘉永五年(一八五二)に建築された。現在の社殿は昭和五十三年に改築され、神楽殿は、明治二十六年に建築され、平成十六年改築した。(境内掲示より


やはり境内は高い位置に

裏口スロープで拝殿に

拝殿 ここまでが限度

曹洞宗大雄山真龍寺


大雄山真龍寺と言い、曹洞宗に属する寺である。
 本尊は、十一面観世音。守本尊として道了薩埵が祀られている。(秘仏)
 道了薩埵は、神奈川県足柄市にある、曹洞宗最乗寺の守護神で、開山了庵慧明和尚の弟子となって創建に尽力し、後に当時を守護することを誓って天狗となり、白狐に乗って飛び去ったと伝えられている。
 当山の御神体は、明治初年に作られ関東一円を巡って後、昭和4年(1929)に当所に安置されたという。
 の、高さ3メートル・幅2メートルの天狗面は下北天狗祭り実行委員会からの寄贈によるものである。
 現在当寺は、東京信竜講を組織して大雄山最乗寺に参拝する外、節分会・清浄鎮火祭・mたまおくりなどの諸行事を行っている。
 特に「しもきた天狗まつり」には、道中に大天狗・小天狗・裃姿の年男など百名が出て、門前のにぎわいを見せている。
 世田谷区教育委員会


正面 急なスロープを上がる

下北沢天狗まつり 天狗

ここまで登れる


浄土宗森巖寺

浄土宗寺院の森巖寺は、八幡山浄光院と号します。森巖寺は、結城中納言秀康が帰依した越前国一乗寺の万世和尚に一寺の創建を依頼、万世和尚の弟子孫公和尚が結城中納言秀康卿の位牌所として、慶長13年(1608)当地に創建したといいます。当寺淡島堂は、孫公和尚が紀州(和歌山県)名草郡加田の淡島明神の分霊を勧請したもので、数多くの崇敬を集めたといいます。
山門



感想

森巖寺は拝殿まではバリアフリーで御参り可
他は何とか拝殿まではスロープで登れるようには改装がなされているが、急なスロープだったり、巾が狭かったり、左右の勾配があったり介護者がいてようやく拝殿まで上がれた、更にどこも拝殿には数段の階段があるため階段下からのお参りになってしまった。
★★☆☆☆
拝殿までのスロープ結構怖かった。








アートやデザイン好きな人にお勧め東京ミッドタウン

アクセス


東京ミッドタウンの中になんとデザイン・アートにおいて非常にレベルの高い4施設を擁している。
アクセスは種々のメトロ駅から抜群によい。
都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結
※ 日比谷線「六本木駅」より車椅子の場合、4a出口より地上から入る。
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
東京メトロ南北線六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分
車でも駐車場が広く雨に濡れないで入場可能。
内部は全てバリアフリーでありしかもゆったりとした空間構成である。
ショップ・レストランも充実しているのでどこか行きたいが、天候の悪い日、もちろん暑い日寒い日いつでもOKな施設である。


サントリー美術館


建築家・隈研吾(くまけんご)氏によって、「都市の居間」をコンセプトに建てられ外観は白磁のルーバー(縦格子)に覆われ、館内は木と和紙を意匠に用い、和の素材ならではの自然のぬくもりと、柔らかい光が表現されている。日本の伝統と現代を融合させた「和のモダン」を基調に、安らぎと優しさに溢れた空間が広がっている。
展示は年5~6回企画展だけ行われてる。
障がい者手帳持参者と付添者無料、火曜日休館





東京ミッドタウン・デザインハブ

Tokyo Midtown Design Hub | 東京ミッドタウン・デザインハブ


デザインネットワークの拠点として2007年4月に開設。
デザインのプロモーション・職能・研究教育という3つの異なる役割を担う機関が連携し、デザインによって 「人」「ビジネス」「知識」 を結びつけ、展覧会やセミナーの開催、出版などで情報を発信
入館料無料


21_21デザインサイト


http://21_21 DESIGN SIGHT『小さな美術館めぐり』
本ブログ前回投稿を参照下さい。障がい者手帳持参者と付添者無料


フジフイルム スクエア


写真展・写真やカメラの歴史を学べる 写真歴史博物館
クラッシックカメラや最新カメラの展示
展示スペースでは幾つかのテーマの写真展示が楽しめる。
入館料無料



21_21 DESIGN SIGHT『小さな美術館めぐり』

トゥーワン・トゥーワン・デザインサイトと読む


普通の絵画や作品の展示してある『美術館』と違い『デザインミュージアム』
と言う位置づけで日常的な物事を出発点とし、誰もがデザインの楽しさに触れられる場として誕生したミュージアムだそうである。


六本木ミッドタウンの庭(ガーデン)の一角に平屋だが妙に存在感のある建物がある。
それがこのトゥーワン・トゥーワン・デザインサイト


設計は安藤忠雄テーマは「日本の顔としての建築」
日本一長い複層ガラスや、折り曲げられた巨大な一枚鉄板の屋根を用いるなど日本が持つ建築技術を最大限に追求し設計された。
また一枚屋根は三宅一生が服づくりに取り組んできたテーマ「一枚の布」に対応するという意味が込められていると言う。


内部空間も安藤の得意なコンクリート打ち放しでシンプルであり展示室は地下1階だけなのに全く閉塞感はなくむしろ明かりをうまく取り入れて開放的である。
大胆かつ空間を巧みに生かした構成であり、更に追い討ちをかけるように展示も建築と一体となるようにデザインされていて空間をダイナミックに使っている。
地下階が延床面積の約8割を占め、地上で見ただけでは想像出来ないボリュームがある。


入館料と休館日

障がい者手帳持参者と付き添い者は無料
火曜日休館

企画展 デザインの解剖展


日常にある明治のミルク、ヨーグルト、アイスクリーム、チョコレート、きのこの山などの製品を解剖分解する。
パッケージや素材、味覚、栄養分析等ありとあらゆるものをデザイン的視点から素因数分解して行き最後に丸裸にする。
デザインが好きな理科系人間にはきっとたまらないものがあるのではないか。

感想

★★★★★
エレベーターとスロープのバリアフリー構成が巧みに空間構成の演出を助けている。
とにかく安藤忠雄の設計が素晴らしく三宅一生、佐藤卓、深澤直人3人のデザイナーが展覧会内容、展示をディレクションしているため今まで味わったことのない大人のミュージアムを味わえる。











東京都美術館『特別鑑賞会にて』

『障害のある方のための特別鑑賞会』普段は大混雑している東京都美術館の特別展で
障害者が安心して鑑賞できるよう、 事前申込制で年に4回休室日に鑑賞が出来る。
アート・コミュニケータ(とびラー)が受付や移動の手伝いをし、
展覧会担当学芸員による展覧会ワンポイント・トークも開催されます。

アクセス

近年バリアフリー化の進んだ上野やその他JRの御徒町・鶯谷・日暮里からのアプローチを普通に楽しんでも良いがここは往路か復路のどちらか『谷・根・千』の一角根津よりのアクセスを楽しむと面白い。
言問い通りから美術館方面に曲がるカヤバ珈琲は目印になるし、
入口段差はあるが心のバリアフリーで中に導いてくれおいしい珈琲を飲ませてくれる。
またカヤバ珈琲を美術館方面に曲がってすぐ右側にフレンチの『ペペルモコ』がある。ここはスロープで店内に入れる。残念ながらトイレは2階だが美術館でトイレを済ませてでも行く価値ありのリーズナブルでおいしいレストランである。

ゴッホとゴーギャン展

混雑する大美術館は作品前に鑑賞者が大勢並ぶと車椅子目線では視界がさえぎられるため鑑賞出来ないことが多い。東京都美術館『障害のある方のための特別鑑賞会』という企画を行っているのは前回の『ポンピドーセンター展』で知り申し込みしたが当日は残念ながら台風のため断念せざるを得なかった。
内容はゴッホとゴーギャンの生い立ち・性格・絵画表現を初期から晩年の作品を比較展示することにより2人の特徴を浮き彫りにし、その関係性と芸術性に光を当てている。
2人の椅子もレプリカを造り座り心地を確かめることも出来る。

向日葵にまつわる2人の関係も浮き彫りに‥‥。
音声ガイドも2人が交互に会話調でナレートするため情景がよく浮かぶ。




次回の特別鑑賞会の案内


「ティツィアーノとヴェネツィア派展」
では、以下の日時に障害のある方のための特別鑑賞会を開催します。


開催日時2017年2月27日(月) 10:00~16:00(受付終了時刻は15:00)


対象
身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方400名とその介助者(1名まで観覧料無料)


ワンポイント・トーク 展覧会担当学芸員が展覧会の見どころをご紹介します。


開催時間 10:30~、11:30~、13:30~(各回10分程度)


※10:30~、11:30~のトークは手話通訳付きです。


申込期間2016年12月26日(月)~2017年1月23日(月)


申込方法


12月26日(月)より案内

お得な出来事

当日は車椅子利用者が多く普通のエレベーターだけでは間に合わず作品搬入用のエレベーターが特別に使用可となります。広さは6帖ほど積載はフォークリフト含めて4トンまで可能、大型絵画はもちろん彫刻、タペストリーが大変だそうです。

感想

★★★★★
混まないためにゆっくり堪能できました。次回も宜しくお願いします。