106センチ目線の旅(車椅子お出掛け)

電動アシスト自転車の普及と同時に電動車椅子もバッテリーの高性能化により今までに比べ単独外出の不安が払拭されました。
後は恐れずにどんどん外出するだけです。
今まで車椅子を押してもらっていた人、小学3年生と同じ106センチ目線で発見の旅に出ましょう。
自分の目線で自然に触れ五感を鍛えなおし趣味を楽しみませんか?
若葉マークのしのちゃんは水先案内人になって
ゆるっと小さな美術館や世田谷散歩を楽しみます!
同行旅人もフッタで募集しています。

アートやデザイン好きな人にお勧め東京ミッドタウン

アクセス


東京ミッドタウンの中になんとデザイン・アートにおいて非常にレベルの高い4施設を擁している。
アクセスは種々のメトロ駅から抜群によい。
都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結
※ 日比谷線「六本木駅」より車椅子の場合、4a出口より地上から入る。
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
東京メトロ南北線六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分
車でも駐車場が広く雨に濡れないで入場可能。
内部は全てバリアフリーでありしかもゆったりとした空間構成である。
ショップ・レストランも充実しているのでどこか行きたいが、天候の悪い日、もちろん暑い日寒い日いつでもOKな施設である。


サントリー美術館


建築家・隈研吾(くまけんご)氏によって、「都市の居間」をコンセプトに建てられ外観は白磁のルーバー(縦格子)に覆われ、館内は木と和紙を意匠に用い、和の素材ならではの自然のぬくもりと、柔らかい光が表現されている。日本の伝統と現代を融合させた「和のモダン」を基調に、安らぎと優しさに溢れた空間が広がっている。
展示は年5~6回企画展だけ行われてる。
障がい者手帳持参者と付添者無料、火曜日休館





東京ミッドタウン・デザインハブ

Tokyo Midtown Design Hub | 東京ミッドタウン・デザインハブ


デザインネットワークの拠点として2007年4月に開設。
デザインのプロモーション・職能・研究教育という3つの異なる役割を担う機関が連携し、デザインによって 「人」「ビジネス」「知識」 を結びつけ、展覧会やセミナーの開催、出版などで情報を発信
入館料無料


21_21デザインサイト


http://21_21 DESIGN SIGHT『小さな美術館めぐり』
本ブログ前回投稿を参照下さい。障がい者手帳持参者と付添者無料


フジフイルム スクエア


写真展・写真やカメラの歴史を学べる 写真歴史博物館
クラッシックカメラや最新カメラの展示
展示スペースでは幾つかのテーマの写真展示が楽しめる。
入館料無料



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。