106センチ目線の旅(車椅子お出掛け)

電動アシスト自転車の普及と同時に電動車椅子もバッテリーの高性能化により今までに比べ単独外出の不安が払拭されました。
後は恐れずにどんどん外出するだけです。
今まで車椅子を押してもらっていた人、小学3年生と同じ106センチ目線で発見の旅に出ましょう。
自分の目線で自然に触れ五感を鍛えなおし趣味を楽しみませんか?
若葉マークのしのちゃんは水先案内人になって
ゆるっと小さな美術館や世田谷散歩を楽しみます!
同行旅人もフッタで募集しています。

清川泰次記念ギャラリー『小さな美術館めぐり』

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー
小田急線成城駅南口より徒歩3分のところにあります。
休館日月曜日

バリアフリー状況と障害者入館料

成城駅内より美術館門より内部まで全てバリアフリーになっています。
(健常者はスリッパに履き替えますが車椅子はそのままでOKです。)
※タイヤカバーがあれば持って行くことを薦めます。
トイレは使いませんでしたがアトリエ兼住居を改装のため車椅子では入れないと思います。成城駅で済ますことを薦めます。


入館料 
障害者は100円,付添者1名無料,65歳以上無料

楽しみどころ

  1. 鑑賞途中にお茶の用意があり清川泰次さんがデザインしたグラスで飲むことが出来ます。(グラスはショップでの販売有)
  2. アトリエの床に絵の具跡があります。今まで創作していたのかと錯覚してしまいます。
  3. 区民ギャラリーは習字展をやっていて、ほっこりした小学生や高齢者の作品や達筆な先生の作品の展示があり楽しい説明がありました。


耳より情報

10月8日(土曜日)3分館リレーギャラリートーク
区内3ヶ所に点在する世田谷美術館分館の学芸員が時間をずらして解説します。
11時~向井潤吉アトリエ館
14時~宮本三郎記念美術館
16時~清川泰次記念ギャラリー
しのちゃんも参加予定!

感想

瀟洒でいかにも個人アトリエらしい美術館です。
職員の方がフレンドリーで楽しかったです。
★★★☆☆







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。